バナナの皮で復活?!鉢植えの肥料の作り方

スポンサーリンク

食べた後のバナナの皮、どうしてます?

普通、そのまま捨てちゃいますよね。

取っておいても仕方がないし、数日前に捨てたバナナの皮は真っ黒になっていたり…

だけど、このバナナの皮で鉢植えの植物などが復活する…可能性があります。

「しおれてきて、いろいろ栄養素を与えてみたけどぐったりしたまま」という場合、これから紹介する方法を試してみてください。

スポンサーリンク

実はバナナの皮には栄養が豊富!!

「バナナ」をイメージしただけでも、栄養がたくさん含まれてそうな印象はありますよね。

消化吸収に優れているので、スポーツ選手が試合前にもぐもぐ…

病気で食欲や元気がないときに食べたり、お見舞いとして渡したり…

そんなバナナの皮には、植物に必要な3大栄養素の1つ、「カリウム」が豊富に含まれているんです!

どのくらい含まれているかというと、すっかり水分を抜き取ったときの乾燥重量で約40%強がカリウムだと言われています。

その他にも、カルシウム、マグネシウム、リン、硫黄など、人間にとっても大切な栄養素が詰まっているんです。

捨てるにはもったいない!

だから皮まで食べよう…なんて気にはならないので、植物にこの栄養分を食べてもらいましょう。

バナナの皮肥料の作り方

用意するもの

  • バナナの皮     2本分
  • コーヒーかす    2人分ほど
  • 卵の殻       3つ分
  • 水         200ccくらい
  • フードプロセッサー

バナナの皮は、食べ終わったままのもので大丈夫です。しっかり乾燥させてもかまいません。

コーヒーかすは、乾燥させたものを用意してください。

このコーヒーかすは脱臭効果があることはご存知かもですが、バナナの皮を肥料にしたときのにおいを吸収してくれます。

卵の殻にはカルシウムが豊富なので、これも利用します。

作り方

フードプロセッサーに上の材料を入れてフタをして、しっかり混ぜ合わせたらできあがり!!

簡単ですね~(笑

肥料の与え方

スプーンなどにとり、植物にかからないようにしおれた葉や茎を持ち上げ、土にかけましょう。

これだけでカリウム豊富なバナナの皮たい肥が、しなった植物を元気にしてくれると思います。

よかったら試してみてください!

スポンサーリンク

おわりに

バナナの皮で植物の生長を促すことができるなんて驚きですよね!

他にも利用方法がありますので、それはまた別の記事で紹介したいと思います。

今回の内容が、何かのお役に立てれば嬉しく思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

ブログ村 掃除
ブログ村 生活の知恵
ブログ村 生活
スポンサーリンク
レクトアングル(大)記事下に表示される




レクトアングル(大)記事下に表示される




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクトアングル(大)記事下に表示される