超簡単!ものの5分で鏡の水あかウロコを落とす方法

スポンサーリンク

風呂場の鏡、いつもどんな状態ですか?

白くにごってて全然見えない・・・なんてことになっていませんか?

拭いても拭いても落ちない、ガラス磨き洗剤では落ちない、掃除してると疲れる。。。

今回は、鏡についた白い汚れの原因である「水あか汚れ」をカンタンに落とす方法を紹介します。

スポンサーリンク

たったこれだけ?鏡の汚れの落とし方

用意するもの

  • ゴム手袋
  • レモン     1個(半分に切ったもの)
  • ラップ
  • ナイロンタオル (体を洗うやつです)

これだけです。

やり方

1.汚れた鏡の表面全体をレモンを軽く絞りながらこする

これだけでも表面についたせっけん汚れが落ち、きれいになっていきます。

2.鏡表面に塗ったレモン汁が乾かないようにラップを貼る

強力な酸であるレモン汁が乾かないように、ラップで表面を密封させます。
できるだけ空気がはいらないように貼りましょう。

3.3~5分放置

表面についた水あか汚れにレモン汁の「酸」が浸透し、落としやすくしてくれます。

4.ラップをはがし、ナイロンタオルで拭く

乾いたままのナイロンタオルでいいので、そのまま表面を拭いていくと、驚くほどきれいになります。

ナイロンタオルは繊維としてはすごく固いので、水あかをひっかけながら取り除いてくれます。

5.水で洗い流す

手のひらで表面をなでながら洗い流すと、すごくきれいになります。

 

そもそも水あかって何?

ガラス表面についた水あかの正体って、実は水道水の中に入っているミネラル分なんです。

水道水に含まれているマグネシウムやカルシウム、ケイ素などがあります。

水は蒸発してなくなりますが、ミネラル分は蒸発せずに残るため、白い跡となって固まります。

これらは全部アルカリ分の塊なので、「酸」で溶かすことができます。

ただ、強酸性の洗剤は取り扱いが難しいんです。

なので今回は、家庭内にある酸の最も強いものとしてレモンを使いました。

スポンサーリンク

おわりに

お風呂場の鏡って、気が付いたら白くにごってるんですよね。

掃除してきれいなうちは、鏡に映った自分をみることもあるんですが、徐々に汚れていき、きれいに映らなくなったころには鏡を見ることもなくなってる。。。

そうなると汚れは放置され、いよいよ手遅れになってしまいます。

今回紹介した方法が、皆様のお役に立てればうれしく思います。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

ブログ村 掃除
ブログ村 生活の知恵
ブログ村 生活
スポンサーリンク
レクトアングル(大)記事下に表示される




レクトアングル(大)記事下に表示される




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクトアングル(大)記事下に表示される